がんばれ私の血液たち!!

いつも通りに朝起きて洗面所に向かい、鏡に映る自分を見て、ふとなんだか老けたかなぁ?と感じてしまいました。特に顔つきは変わっていないように思うのですが、髪のパサつき具合がどうにもひどいんです。昔はこんな髪質ではなかったはず・・・。

そう思いながら買い物に出かけたら、何気なく寄った本屋さんで、女性の髪に関する記事を目にしました。人は自分が気にかけていることを、虫眼鏡で見るように、他のものより大きくとらえるようにできているというのは本当かもしれませんね。

そこには髪が年齢とともに衰えていく原因として「血液不足」が挙げられていました。まさか血液に理由があるとは盲点でした。外側ばかりのケアに必死になっていて、内面を見つめていなかった自分に気づいたのです。そして、人の印象を決定づけるのに、髪の艶がとても重要だということも書いてありました。

知ったのならば即行動!美しい髪を取り戻したい!そう思い、食品売り場に走りました。血を作るのはタンパク質だから・・・と鶏肉めがけてまっしぐらです。主人には不思議がられるかもしれませんが、今日から我が家の食卓には鶏肉が多くなることでしょう。「どうしたの?」と聞かれたら、「あなたの為に綺麗でいたいから」と答えることにしようと思います。